MENU

【プロジェクトリーダー】組織には必ず、リーダーが必要です。

これは【SEKAREABO】に2021年2月2日に投稿された記事です。

組織には必ず、リーダーが必要です。
中でもプロジェクトリーダーという存在は、大きいプロジェクトを行うには「必ず」必要になる存在です。

今回はこのプロジェクトリーダーについて、必要な役割とスキルを書いていきます。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

プロジェクトマネージャーとは?

わかりやすく言うと、
プロジェクト全体の進捗状況、人員管理、予算、納期、品質管理、リスクまで把握し、チームをまとめ上げる人が
プロジェクトマネジャーということになります。

プロジェクトリーダーと調べると、
「プロジェクトリーダーとは業務開発の際、他のチームメンバーを率いていく責任者」とでてきます。

企業で大きなプロジェクトを組むとき、メンバーの作業や納期などを管理して、現場の責任者となる人の存在は、とても重要になります。

でも、プロジェクトリーダーの重要性や実際に必要なスキルをどれだけ多くの人が知っているだろう、と疑問です。

多くの組織にプロジェクトで「リーダー」と言われる人の存在があるが、理想的なリーダーか?と言われたら首を傾げたくなる人も多い。

だからこそ、プロジェクトリーダーをやる上での必要な役割と、スキルを載せておきます。

【必要な役割】1:問題を解決する

現場では、問題解決する力が求められます。

プロジェクトを進行していると、必ずトラブルや問題が起きるからです。
作業をフィードバックして、同じトラブルを起こさない対応策を講じることは、とても必要な能力になります。

【必要な役割】2:タスクを消化する

プロジェクトリーダーとして仕事をする場合も、
自身のタスクを消化しながらリーダーとしての仕事をしていく必要があります。

他のメンバーよりもいっそうタスクを消化できる能力を備えておくことが求められます。

【必要な役割】3:業務を取りまとめる

プロジェクトリーダーとして仕事をする場合、
作業全体を見据えながらメンバーの業務を取りまとめてプロジェクトを遂行していくことが求められます。

プロジェクトリーダーとして仕事をする人は、
メンバーの能力を把握しておき、無理のない作業をさせることで業務全体をまとめていく必要があります。

【必要な役割】4:チームを統括する

チームを統括することもプロジェクトリーダーとしての役割になります。

メンバーの意見や考えをまとめ上げ、チームを統括しながら
スケジュール通りにプロジェクトを進めていく能力が求められます。

【必要な役割】5:スケジュールの管理

会社でプロジェクトを組む場合は、期限が決められていることが殆どです。

限られた時間の中で、チームのメンバーをフォローしながら士気を高めさせ、期限内に納品していく能力が求められます。

リーダーとして仕事をする人は、タイトなスケジュールとならないように、余裕を持って業務を取り纏めていかなくてはいけません。

【必要な役割】6:責任を持つ

プロジェクトが暗礁に乗ってしまったら、企業の運命を左右しかねません。
責任感を持って業務に取り組む必要があります。

リーダーとして仕事をする人は、
会社のためにも責任を負う覚悟を持って、プロジェクトリーダーとして仕事をしていく必要があります。

【必要な役割】7:チームメンバーの成長を促す

リーダーとして仕事をしていく場合、チームだけでなく企業全体の生産性も上げていく必要があります。
そのためにも、若いメンバーの成長を促していくことがプロジェクトリーダーには求められます。

リーダーとして仕事をする人は、
メンバーの能力を把握し、コミュニケーションを取り、各メンバーに必要な技術を習得させましょう。

【必要な役割】8:チームメンバーの労働環境を整える努力をする

メンバーの体調を維持するためにも労働環境を整える必要があります。

リーダーとして仕事をする人は、
無理のないスケジュールを組み、良好な労働環境を整えるため、メンバーの意見を会社側に届けましょう。

【必要なスキル】

スキル1:マネジメント力
スキル2:メンバーコントロール

手順1〜4を書き出してみると以下になります。

1)プロジェクトの全体像を把握する
顧客からの要望を聞き取り、顧客の希望をすり合わせ、ゴールである納期を決定します。

2)チームを編成する
1)で決定したゴールや必要な作業に基づき、必要な予算、人的資源を調達。
そして月次、週次など細かなスケジュールを決定。
それをチーム全体で共有。

3)プロジェクトの進捗を管理する
実際のプロジェクトでは、納期が遅れがちになることや、顧客のニーズが変化する場合があります。
そのような状況にも、解決策を提案・実行しながら、プロジェクトが成功へ向かうように進捗を管理する。

4)報告書作成
無事に納品した際に、
プロジェクトが終了した後も、プロジェクト実施中に生じた問題点や今後の課題など、
これらのノウハウを蓄積して、新たなプロジェクトに役立せる為に報告書にまとめる。

ざっと、こんなところになります。

なかなか意識して行わないと難しい事も多いです。
僕自身も、まだまだ出来ていない事ばかりなので、勉強中ですが、
一つ言えることは「力を合わせなければ無理」ということです。

特に、僕は【希望格差問題の是正】を教育、アートの力で行おうとしています。

そのためにも社会に問いを残すのが、僕の役目だと思っているので、
この部分の意識のすり合わせはとても時間のかかる事ですが大切な事だと理解しています。

そして、心が同じ形をした仲間たちと共に
それぞれのやれることを通して、一つ、一つ形にしていきたいと思います。

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる