MENU

アウトプットする場所を変えましたって話し

2020年6月24日【SEKALABO】内に投稿された記事より引用

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。


僕は、知っている人は知っていると思いますが、今30歳なんだけど、20歳から28歳までの8年間の間は、毎月50冊本を読んでいました。比較的に若いうちに、知識と経験のベースラインが出来上がっているので、わからなければ調べるという癖が身についています

そして、実際に自分の目が節穴になっていないか行動もちゃんとして、自分の目で確かめてきました。
その経験値もあってか、現在僕は、コンサルティングとマーケティングの会社を運営することができています。
相手させていただいているのは、BtoC(個人、零細企業)の方が多いのですが日々、一休さんのとんち話 『びょうぶのトラ』のようなトンチ話のような案件が、会社に持ち込まれてきます。

知らない人は、見てみていただきたいのですが、一休さんのとんち話 『びょうぶのトラ』

目次

実施に持ち込まれてくるトンチ案件の一部

当然、持ち込まれる案件は基本的にマトモなものが多いんですが、中には「え?何言っているの?」という話も結構な頻度で持ち込まれてきます。その一部をご紹介

■借金6000万円あります、数ヶ月で返したいです。ちなみに貯金ありません。
そして…今の仕事もやめられません。どうしたらいいですか?

相談内容:借金を鬼速で返済したい

■パソコンスイッチの場所もわかりませんが、アフィリで自動で毎月10万程度でもいいから収益をあげたいです。
時間は1ヶ月くらいしか、かけたくありません。
できますか?

相談内容:1ヶ月で、副収入を毎月10万円を作りたい

■1円も使わずに、自分のお店を持ちたいです。

相談内容:自分のお店を持ちたい


■ほぼ倒産状態の飲食店を丸投げされました。
助けてください。

相談内容:飲食店のオーナーが、負債に耐えきれずに店長と従業員1名を残し疾走

■【不動産が欲しい】
信用情報ブラックの自営業者だが、「不動産を取得したい」

相談内容:借金がありますが、どうしても不動産がほしいです

基本的に本人が本気で、覚悟決めてやる気があるなら難しい仕事ほど受けることの方が多いです。
(ただ、儲かるだけの仕事は、僕じゃなくてもできるしあまり興味がない。)
今までこうゆう「とんち案件」は、書ききれないほど多く手がけてきましたけど、上記に描いた案件含めて、「目標を達成」させることができた案件は多くあります。

実際、虎をびょうぶから出して、捕まえるみたいなことも多くありますので、案件を手掛けた後は基本的に感謝されるわけですが、毎回僕の行うことは、案件に限らず同じです。

竹内の解決手段のプロセス

読書

手掛けたことのない領域、新しい分野との組み合わせや応用など、新しい案件の場合、解決に必要な専門分野の情報を読書から知識のベースを作ります
人は、経験したことを話してくださいますが、「伝えるプロ」という訳ではありません。
そして、ベースとなる知識をもっている状態でその話を聞くのと、その話だけを基に聞いて想像するのでは、全く異なります。なので、僕はまず前提としてベースとなるその業界や分野の知識を本から頭に入れることにしています。


行動

どれだけ知識を人や読書から得ても実際に行動をしてみないと、磨かれないスキルがありますそれはよく「感覚」や「センス」という言葉で表現されますが、総称して「現場感覚」というスキルです。これは、実際に行動してみると、よくわかると思いますが、使う道ひとつとってもどの道を使おうとか、道中に見える景色、すれ違う人々、宣伝のポスター、廃れた街、活気のある公園、最近できたであろうカフェ、街の匂い、歩く人の歩幅と歩いて行く方向、服や髪型から見るそこで生きる人の個性など、無意識に僕らは、言葉にできない感覚や問題を「選択」し、経験値から「判断」し、五感で「決断と処理」しています。なので、実際に行動してこの感覚を磨いていきます

学ぶ

学ぶこと、勉強することは、これを読んでくださている方もわかると思いますが、謙虚な気持ちをもって取り組めば、劇的な効果があります。そして、最速で成長したければ、プロセスに忠実に実行する事が勝ちパターンです。

実際に現場に出れば、理論が通じないシーンのが多いです。
でも事前に、自分の知りたいことを明確にし、それを理解するために起こした行動であれば、必ずたどり着くことができる領域がありますそれは、学ぶ気持ちがあれば、あるほど多く知覚できると思います。

この3つをただ、淡々と繰り返してきました。そして、関わるとなると相手の人生という船に、一緒に乗り込ませていただく気持ちで本当に深く関わるので、僕自身も「自分事」として、日々様々な事案に、学ばせていただいています。

現在は、おかげさまで、仕事もプライベートでも子供ができたりで充実しているので、本を読む本数はペースが下がっているんだけど、相変わらず論文を含めて20冊から30冊は、1ヶ月に本を読んでいます。(しかも、若い頃に比べてどんどんマニアックな文献や専門的な書物を読むようになってきました)FBでは、いつもふざけた投稿や娘とのハッピーな投稿くらいしか発信してないですが、少し前からFBに作っている非公開サロン【SEKAJYULABO】をメインのアウトプット場所として、この辺りの知識の発信と、僕が手掛ける現在進行形のビジネスや仕掛けようとしているプロジェクトやその考え方を記録しています(この記事も、オンラインサロン の投稿を個人投稿にコピペしている)

興味ある方は、是非サロンメンバーになってみてください。現在は、まだまだ人数は少ないですが、入った人には、色々特典もありますし、すぐに3桁にはいくと思います。

オンラインサロン【SEKAJYULABO

SEKAJYULABO


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる