MENU

【ファンの意見は絶対】

これは【SEKARABO】に2021年4月17日に投稿された記事です。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

意見を集め、質の向上に繋げる

個展に来てくれた人たちには可能な限り、直接お礼のメッセージや手紙を出したりしています。
それには、2つの意味があります。

1つ目は、当たり前ですが感謝を直接伝えたいからです。
2つ目は、クレームや意見を集める為です。

1つ目の感謝を伝えるは、最低限当たり前な事だし、
このご時世に時間をわざわざ使って足を運んでくれたことの意味は大きいことです。
そんな方々の存在がこの個展の成功には欠かすことができないからです。

2つ目は、とても僕が大切にしているポイントです。
この個展も普通の商品開発と同じく、「使用感」ユーザアビリティをいかに良くしていくかがポイントです。
その為に、実際に足を運んで下さった方々からの意見はとても貴重です。
(流行るサービス作りは、自分の読みと、この使用感の差をいかに埋めるかが鍵)
サービスの終わりや衰退は、
何を改善したら良いか分からなくなった時、お客さんに当たらない(ヒットしない)状態の結果です。

だからこそ立ち上げる前には事前にマーケット調査を行い、仮説を立ててPDCAを回し、
うまくいっている時ほど、データを分析し、改善に力と時間を使います。
それが早ければ早いほどに効果的で、質の向上にも繋がります。

何よりもその改善速度で物事を回していくことを初めから予定に組み込み行動を起こしていくことは、
お客様ファーストに繋がります。

人は、自分が思っているよりも集中していない

人間の集中していられる時間は、この10年スマホやYouTubeの激震に比例して短くなりまくっていて、
とうとう集中していられる時間は、金魚以下の時間になってしまったという研究結果が話題になっています。
#気になる方は調べてみてください

だったら尚更、その日にあったことや改善する必要を感じたことはすぐに手を打った方が良い。

でも人は、先延ばしにしたがります。

これは昨日の記事にも書きましたが、
その判断をその人個人にさせるような状況や環境を作ってしまっている事に問題があります。
#先延ばしにしてしまう人のせいではない
#逆に僕はカップラーメンの3分さえ待てない
#これはこれで問題

なので、初めから改善する時間なんて項目をスケジュールのタイムテーブルに入れ込んだものを配布し、
その方法を共有しておくことで、余計な無駄を排除してそれを実行することができます。
ただ、その改善方法やクレームや意見を参考にしたプロセス設計には手腕が試されます。
ただ、僕は比較的これが得意な人間です。
興味がある方は、ぜひ一度何か一緒に仕事やプロジェクトを回してみればそれがどういうことか分かると思います。

SEKALABOのプロジェクトでも、違う企画でも何か面白いものがあれば、ばんばん連絡ください。
一緒にやれることがあるなら是非やりましょう!

あまり思い浮かばないけど、人を感動させたいよって方は、
SEKALABOで現在行なっている個展プロジェクト以外にも、
次に仕掛ける企画の準備なども進んでいるので是非、メンバーとして参加してみてください。

まだサロンには公開していませんが、キーワードだけで伝えるなら「YouTube✖️リアル✖️ストーリー」です。
連絡お待ちしています。

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる