MENU

【改めて染みる】

これは【SEKARABO】に2021年3月31日に投稿された記事です。

今回の記事は、少し過去を振り返り感じた事を淡々と書いただけのものなので、
読む人からしたらつまらない内容かもしれませんが、
自分の振り返り用のアウトプットとして、自分への戒めを兼ねてここに書きます。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

無知だったあの頃の自分

毎月、東京に行く機会がある。

その中で、僕にとって思い出深い場所は、
自分の小ささを嫌という程思い知らされた渋谷と2年前まで住んでいた街、板橋。

当時は、名古屋では仕事をして、東京では音楽や創作活動という2拠点で活動をしていた。

今日は時間があり、改めて、コロナ明けの「渋谷」へ来てみた。
相変わらず、人がごった返している。

当時の僕は、音楽をしていたけれど、その活動の中でこの街には何度も自分の無知さを思い知らされた。

外にこんなに人は歩いているのに、店内に入ればスカスカのライブハウス。
嫌という程、外の世界とのギャップを思い知らされたことを覚えている。

外にもこの街以外にも、こんなに人はごった返しているのに、「10人」も僕には人を「動かすこと」が出来なかった。
人の気持ちを動かすことが出来なかった。

当時の僕は、とても必死で、
ビラ配りをする為にライブをする街に前入りして、ひたすら配り歩いた。
ネットでも、話しかけてくれた人に告知も沢山した。
音楽への想いも伝えた。

でも結果は、悲惨だった。
当時の僕は、打ち手をそれ以上持っていなかった。

でも今なら分かる。
そのどれ一つも効果なんてない。

そして、そのどれもが、再現性が低く、リスクでしかないということ。

もっと言うと、
集客というのは、間違えなければすごく簡単で時間なんてかけずに出来るということ。
方法さえ知っていて、実践したなら難しくなんてない。

つまり、頑張っても結果が出ない集客は、
努力量とか経験値不足とかそんな事ではなく、そもそもやり方が間違っている事の方が、圧倒的に多い。

今ならその事がわかる。

「努力しています」とか言ったって、結果に本当に命をかけてコミットしていたか?
努力の仕方を改善したか?
目の前の求める結果や今日以上の夢ではなく、たどり着くための計画を持っていたか?

「今日」を懸けるだけじゃ足りない戦いがある。
「全て」本当に「全て」を懸けなければ、見えてこないものだってある。

当時の僕には、そういう事の本当の意味が今よりも分からなかった。
当時は当時で、精一杯やっていた自負はある。
でも、そんな努力、結果を出している人は皆している。

「努力がどれだけできたか」なんて、そんなことを気にして、会話が進む。
議題に上がる。
そんなレベルの低い所でしか生きていなかった。

今は、もうあの頃とは違う。
なぜ、自分が売れなかったか
短い文章でも、言語化で詳細にも原因が分かる。

「僕も成長したんだな」
2年間か。。。

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる