MENU

【結果にこだわるなら徹底的に真似たほうが早い】

これは【SEKARABO】に2021年3月25日に投稿された記事です。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

真似ることからやるべき理由

頑張ったからと言って、結果が出せる時代じゃない。

だったら
人の真似をして、教えて貰った通りに実行して、成果を出した方が優秀だと思います。

結局
「誰かの真似をしたくない」とか
「自分らしさを大切にしたい」と口にする人の
その100%全ての人は、結局誰かのマネをしています。

箸の持ち方も
服のセンスも
今使っているそのスマホも
学び方も
その全てが、誰かの真似です。

そして、
完璧に真似しようとしても、し切れなかった部分が「個性」と呼ばれます。

なので、積極的に真似した方が良いんだけど、
「どうしても真似したくない」という人がいます。

こういう人は、アウトです。
伸びない。

だったら簡単なところからでも良いので、真似して続ける事です。

3年も続いたらそれは、オリジナルです。

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる