MENU

【試験的なマーケティングこそ本気で】

これは【SEKARABO】に2021年3月26日に投稿された記事です。

どうも!
コンビニでしかレモンティーを買ったことがないし、飲んだこともないのに、
いつもコレ以上に美味しいレモンティーを飲んだことがある気がしている竹内です。
#気だけね

今日は、
5月に出版される「#101人の人生と101色の夢」の宣伝方法に乗せて、この希望格差に立ち向かう活動をしっかり広げたくて、
今回は1つ試験的に行うことにしたマーケティングと仮説の検証開始を知らせると同時に、
営業や紹介営業がメインの方にはおすすめな方法になりそうなので、考えをシェアしようと思います。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

どこでメッセージの性質が変わるのかを考える

本当にコアな人と繋がる為にはどうしたらいいか?
それは、結論から言えば「紹介」です。

自分自身の事をよく知っている人から繋いで貰った方が、協力者になる率が高くなります。
仕事でもキーパーソンになったという話は多く聞きますし、実際にそうだと思います。
僕自身、アナログ営業やアナログ集客が得意な人間の一人なのでよく分かります。
#ある意味僕はその辺変態な男なんで

手っ取り早く結論から話すと、
広告やネットで知り合った場合、仲良くなるにしても「信頼関係」を構築するのに、時間やコストが通常よりもかかってしまいます。
かと言って、
今の現代に普通に知り合おうと思ったらネットで知り合うのが主流ですよね。
#だからこそ繋がりが軽薄だと言われる世の中なんだと思いますが

でもコストをかけたとしても
仲良くなれるのか、今後も一緒にやっていける仲間として繋がることが出来るのかなど、
肝心なところは約束されている訳ではありません。

この部分は、
関係値がある人からの紹介で繋がっていく事をうまくできれば、ある程度カバーする事が出来ると思うし、
ここまではみんな浮かぶ事だと思いますが、
ここで大切なのは、なかなかその繋がる紹介が回ってこないという問題です。

ここで、意識しないといけないのは
紹介を貰う場合は、紹介者が知人にあなたのことを伝えやすいようなプロフィールを用意しておくことです。
大事なのは、
「相手がどう自分のことを覚えてくれるのか」その為のキーワードを用意しておくことです。

僕だったら「社会貢献をしている」とか「会社やっている人」とかが、
人からすると僕を説明するのには、分かり易いキーワードですが、
これだけではそのジャンルの人を紹介して欲しいと言われた時に、あなたである必要性に欠けます。
#ちょっと弱いですよね

ここでポイントになるのは、
あなたがどれだけ魅力的であるか、という事と、
紹介者がその魅力的ポイントをうまくその知人に伝えることが出来るかという事は、別問題ということです。

そして、たいがいの問題は
この紹介者が知人に「あなたの話をする」この話の中身で伝えたかったメッセージの性質が変わってしまいうまく繋がらなくて、ドンピシャな紹介が貰えない。
というケースです。

だからこそ、知り合いたい人や欲しいニーズの人がいるのであれば、
その人達に会いたがられるプロフィールやキーワードを紹介者となる人にうまく伝えることを意識する必要がありますよね。
#ここをデザインすると伝わりやすくなる

でもなかなかそれも難しいという人も多いと思うので、今回のいよいよ僕が試験的に試すマーケティングの話になります。
#前置き長くてごめんね
#今調子乗っているんだ
#許してくだ三ツ矢サイダー

質を高めて中間コストを削減する

実際に、ネックになるのは
紹介者が知人にあなたを紹介する時に、あなたが伝えて欲しいポイントをちゃんと伝えることが出来るか、
という部分に尽きます。

でもそれが出来ないのは、紹介者のせいではないので、
コチラ側が紹介者への情報の与え方を気を付けてあげる事でカバーできると思います。

なので、
会話の中で紹介者があなたを知人に紹介するのではなく、あなた自身の自己紹介文をLPにして、
それを紹介者から知人に送ってもらうことで純度の高い「あなたの情報」を伝えたい相手に伝えることが出来ます。
(LPとはランディングページのこと)

このことで、紹介者の知人への紹介の仕方が全てではなく、少なからず紹介者が知人にあなたの自己紹介文やLPを送ってくれたかどうかで、そのパーセンテージを上げることが出来ます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/takeuchirikiya

そして、そのLPがあなたの伝えたいことを伝えてくれるものであればあるほど、
紹介者からそれを受け取った知人にもあなたのことを「気にするべき対象」か判断する事ができます。

僕は、5月の出版に向けて実際に全国の書店への挨拶回りを4月、5月に自分の足で行うのですが、
その際に、その泥臭い活動やこの出版される本が世の中にどう受け入れられていくのかを1名でも多くの人に知ってもらいたいと思っているので、
そんな僕のフルマックスな等身大の竹内力也を詰め込んでLPを作りました。

このLPの狙いは2つあります。

1つ目
希望格差へのこの活動を知ってもらうことで、1名でも多くの人が勇気やきっかけにしてもらえたら嬉しいということ。

2つ目
しっかり価値を感じてくれた上で【SEKALABO】に入っていただき、一緒にこの活動を仲間として、経験して欲しいと思っているから。

このサロンの毎月の800円という月額の費用は全額、社会貢献に使われるので、
このサロンのメンバーが増えることは、それだけ社会に返せるものや機会が増えることと同じ事を指すので、
希望格差に立ち向かう僕からしたらこのサロンに人が増えることは、本気で嬉しいです。

なので、コレを読んでくれたあなたの周りにも、
もし集客やマーケティングなどの悩みを抱えていたり、
SEKALABOの活動に誘いたい人がいた場合には、
この記事に貼り付けたLPを知人や友達に送ってあげてみてください。

そうしたら今だけの特典として、僕はその人の相談に30分乗らせていただきます。

そして、もし満足していただけたら
その時は、きっとその人もちゃんと価値を理解した上で、SEKALABOに参加してくれると思っています。
#この仮設をとりあえず2週間くらい試してみます

どれくらい、人の力に僕はなれるのだろうか。

つながりから繋がっていくこの縁に果たして僕は受け入れられる事が出来るでしょうか。

乞うご期待です!
コメント欄にLPを見た感想をくれるとめちゃくちゃ嬉しいです。

そして、みなさんもこのLPをあなたの周りの知人や該当しそうな人に拡散をしていただけると嬉しく思います。
#どんな反応が来るか楽しみだよね

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる