MENU

【周りの人が自分から離れていく時期は必ず君にも来る】

これは【SEKARABO】に2021年3月17日に投稿された記事です。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

あなたにも経験ありませんか?

学生時代「ずっとこれからも親友だよ!」とか、色々言っていた記憶が僕にもあります。
#黒歴史です

けど全然卒業してから会わないし、なんなら連絡も取っていない。
連絡先も知らない。

そんな友人があなたにもいるんじゃないでしょうか?
てか、一度は皆言うよね?
#学生時代に
#ずっとこれからも親友だよ
#黒歴史になっているのは僕だけかな

僕は、友達を全然作って来なかったので、そういった事にダメージをあまり受けては来なかったのですが、
「仲間」と呼べる人はそれなりにいます。

当然、離れていったり、連絡を取らなくなった人もいますが、その度に、ダメージはしっかりと受けています。
が、周りにはそうは思われていないみたいです。
#どんなけ超人だと思われているんだ

しっかりダメージは受けています。
毎回心がヒリヒリしますし、呼吸が浅くなって苦しくもなります。
しっかりとそうなるんだよ!?

ただ、そういう事を言っていても何も変わらないし、割り切っている部分があります。

人が、自分から離れていく2つの原因

それは、その人との関係をという意味ではなく、そういう現象が起きる事を割り切っているという話です。

友達や仲間など、周りの人が自分から離れていく時期に起きている事は、2つの内どちらかしか無いと思います。
1、自分が変化したとき
2、相手が変化したとき

僕は、ずっと学び続けていて、考え続けていて、動き続けています。
なので、変化していく速度も周りに比べたら早いと思います。

そのせいもあって、周りからは「竹内は、言っている事がコロコロ変わる奴」だと思われている節があります。

でもそれは、昨日までうまく行くと思っていたけど、
今日また賢くなってそれでは無理だと分かったからそうなる前に手を打っただけの話なんです。

コレって、天気予報で今日は雨が降ると知っていたら傘を鞄に入れて出かけますよね?
それと何も変わらないと思うのですが、
それを知らない人は、
その傘を見て「こいつ変わってんな。雨なんてこんな天気の日に振るわけ無いだろ。こいつなんか気持ち悪いな。」と言って離れていく。
#リアルな世の中

なかなか人に、それを分かっては貰えません。

そして、人に理解してもらう事を早い段階で、僕は諦めています。

それは皆に対して諦めているっていう意味ではなく、
相手を理解しようと頑張る人よりも、遥かにそんな事考えていない人の方が世の中には多い事を知っているから
「理解できない人がいるし、そういう事が起きる可能性と事実を知っている」から、という話です。

そういう知っている事の違いなどで、同じ事を同じように相手が感じていないという事が確認できると、
人は離れようとします。
なぜなら人間には、共通点が多い人と一緒に過ごそうとする習性があるからです。
(心理学や進化論からも証明されています。)

こんな感じで、自分が変化すると、自分と相手との間に共通点が無くなり、
尚且つ一緒にいると違和感を感じるようになる為、自然とお互いが離れていく結果となる。
そして、合わなくなった価値観が原因で、価値観を共有できずにつまらなくなったり、物足りなくなったりで離れていく。

多くは、
新しく恋人ができて時間の使い方が変わった事が理由で、疎遠になったり、
挑戦を楽しめる人と挑戦を諦めた人との間の格差が原因になったり、

中には、
学ぶのは好きだが、学んだ結果自分が馬鹿だという事に気付いた事を原因に、
その価値観を共有する事も、認める事も、プライドが高いことがマイナス要因に働いてできず、
やっぱり、最後はそのコミュニティから離れる選択を取る。

独身者と既婚者で、お金の使い方や遊び方・価値観が変わって話が合わなくなったり、
と離れる理由は沢山あります。

だから「周りの人が自分から離れていく」というのは、シンプルに共通点が減ったから合わなくなっただけの話。
何も、気にしなくても良い。

でも、価値観が合わなくても仲良く出来ている人もいますよね。
そういう人と、離れていく人は何が違うのか?

自分の芯を持っているかどうか

その違いは、
「相手と自分は違う」ということを理解した上で、尊重する事が出来るか、受け入れる事が出来ているか。
という差しかありません。

多くの人は、自分と似た人としか絡んだりしたくないと思っていますが、生きていれば互いに変化もします。

その時に、自分と違う考えが徐々に大きくなってきたとしても何もおかしい事ではない。
と知っていれば、その変化ごと受け入れる事が出来ます。

ということは?まさか!?

そうです!
つまり、相手との間に価値観を見つけて接する事ができれば、その分野を軸にどんな相手とも仲良くすることが出来るということです。
#今この仮説をもとに竹内自身も実践中

僕は、今まで自分から離れた事はありません。
全て相手からでした。
でも昔からの話だったので、気が付いたら「それが当たり前」になっていました。

ですが、これから沢山の感動を作っていこうとしているのに
そんな事で、大好きな仲間がいなくなってしまうのは悲しい事なので、
一度自分の日頃を振り返って考える必要がある
という結論に至りました。

そして、結果的に
「どんな考え方・どんな共通点がある人と過ごせたら、
周りの人と喜びや楽しさを分かち合いながら、今までよりもさらに楽しく過ごしていくことができるか?」
その共通点をもっともっと見つけ出し接してみようと思っています。

もし、これを読むあなたが、
「そんな誰かと離れてしまう悲しい経験なんてしたくないよ」という人なら、この方法を試してみてください。
離れてしまったら関係はなかなか戻ることはありません。
#何度経験しても別れは苦しいよね

僕が思う仮説では、これで今までと違う結果になると思います。
#また1年後くらいに報告しますね

お互い頑張りましょう。
あなたを僕も応援します。

大丈夫!あなたなら出来ます。

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる