MENU

【アイディアと行動をセットにする】

これは【SEKARABO】に2021年3月16日に投稿された記事です。

#茶番をすみません
#要は花粉が苦しくて頭が働かないよってことが言いたかったです

今日は、「アイディアと行動をセットにしろ」というテーマで書いていきます。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

アイディアと行動をセットにする

僕は(株)ライフクレヨンスタイルというマーケティングに強いコンサルティング会社をやっているのですが、
そこではお客さんが抱える悩みの解決の為に、アイディアを出す事から始まります。

その時に大切なのは、
実際に自分やお客様だけでも出来る範囲内で、確実性の高い方法を提案するということです。
#求められているのは再現性の高い方法であって綺麗過ぎる計画書ではありません

そこで、
アイディアを出したとして、それだけで問題が解決となるなら本当にサクサク行くのですが、
大概の場合、それが本当に再現性があるかどうかを実際にやって見せる必要性があります。

やはり「竹内だから出来た」では、お客様はいつまでもコンサルタントに依存したままです。

けれども、卒業していってもらわないと会社としても実績にはならないので、どうするべきかというと、
悩みを理解し、アイディアを出し、仮設を立てて、実際に行動し、
それを、竹内無しでも出来るようにするまで指導するということが必要となります。

でも、言う程簡単な事ではないので、実行プロセスをなるべく分かり易いステップまで落とす努力が求められます。
難しい事はせずに、如何にシンプルな指示で、
あとは、回転数をどこまで上げる事が出来るかという話になります。

そういう癖がついているので
何かを形にする時には、僕はいつだってアイディアと行動をセットで考えています。
#クラウドファンディングとかね

そして、最近は毎日個展の事を考えていますが、毎日新しいことややったらワクワクすることを思いつくんです。
その度に、仲間に電話をかけすぐに実行のための指示書の制作を行います。
そのために迷惑をよくかけていると思いますが、その速度が、いつもやったことのないプロジェクトでは必要になります。

やると決めることと実行することはいつも2つで1つです。
そして、やってみると更にそこから気づくことが沢山あります。
それを忘れないうちに次の指示書に足していきます。

もうじき次のクラウドファンディングを立ち上げます。
#どんどんプロジェクトを達成しちゃいましょう

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる