MENU

【この1ヶ月の間の実験結果の記録:前編】

これは【SEKARABO】に2021年3月8日に投稿された記事です。

この1ヶ月間、人に「合わせる」「誉める」という事をしてみて面白いなーと思ったよ!って話。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

僕が試してみたこと

僕は、「共感能力が無く機械のようだ」という評価を周りにいる一部の人達から受けている。

友達は必要ない発言や、
やれないだけの事に感情をいちいち挟まないところや、
物事の追求の仕方や行動力を見て
そう感じるらしいが、

僕の中では、結果にフォーカスを当てたらやらなければいけない事は浮き彫りになるし、
初めてやる事なら失敗は折り込み済みとして、計画を立てて動いているだけなんだけど、

逆にこれほどまでに計画を立てずに夢?(虚像)を語る人が多い事や、

結果を出したいと言うだけで、実は微塵もそんな事考えていない
(多分それが口癖になっているだけなんだろう)
人が、これほどまでに多い事を知り、

教えて欲しいと言われれば、「もっとこうした方が良いよ」など、教える事もしていたんだけど、
本当の事や図星の事は、知りたくないらしく怖がられることもあった。

でもその事で、
これ以上「本当の事に気付きたくない」という理由で、
この1年の間に仲間の多くを失った。

そんなに自分が、間違っているのかを知る為に、
改めて
そういう事を人に言うのをこの1ヶ月前位からやめて、
自分の新しい経験と確認作業を兼ねて、色々なイベントに出向いてみたり、
普段話さない、関わらないようなコミュニティに出入りしてみたり、
関わっている人に対して「合わせる」「誉める」という事をしてみることにした。

そうしたら、とても面白い事に気付いた。

合わせる・褒めることをして気付いたこと

「誉める」をすると、
人としてしっかりしている人(俗に言うところの良い人)は、
より良い人になり(律儀とか優しいという意味)

何も考えていない人(マッチャーぶったテイカーや俗に言う馬鹿な人)は、
より面白い位に、どんどんどんどん馬鹿になっていた。
(本性が丸出しになったり、約束を守らなくなる)

「本当に止めてくれる人がいない人って可哀想だな」と思うのと、
努力ができない人も、ずっとなんだかんだ言いながら
何も変わらない1年後、2年後、下手したら10年先も
同じようなことを言い続けるスライド現象の中で、トラップにハマっているんだろうなと思うと、

むしろセルフマネージメントできない人間が求める世界は、無法地帯の無秩序なのではないか!?と

その人達には現実と、フィクションと区別がついていないのかもしれない。
とコミカルに見えてくる。

そして、もうひとつ面白いことが分かった。

知ってはいたが、こうも鮮やかにいくものなのか!という衝撃。

希望格差是正を行う僕としては「ムムムー!!」な事象だなーと見ている問題。
(ビジネス的な観点の話)
コレを書き出したら長くなるので、次の記録で書きます。

ただ、いくつかまだ試したいことがあるので、
あと1ヶ月くらいは試験的にこの「合わせる」「褒める」を修行を兼ねて、やってみようかなーと思います。
以上

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる