MENU

【人と比べている限り、消えない】

これは【SEKARABO】に2021年3月4日に投稿された記事です。

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

人と比べている限り、消えない

よく人と比べて「あの人だけずるい」とか、
「なんで自分ばっかり」と嘆いていたりする人がいますが、
その妬みやドロドロとした感情は、
人と比べている限り消えることはありません。

僕らはそれぞれが責任に見合った扱いを受けたり、役割を演じているのがこの世の中です。

ただ、違いは
その評価基準を自分自身が分かっていないか、
自分のしている事そのものが、どういう仕事なのかが分かっていないか
の違いだと思います。

大半は、勘違いやコミュニケーション不足で起きている問題です。

その意味が分からずに、不満を言う人が知っておいた方が良いのは、
「責任を果たさずに手に入るものなんて無い」ということです。

もしそれでも手に入るものがあるなら、それは何かが間違っています。
そして、長くも続かない。

そして間違っている事を盾に取っても誰も話を聞いてはくれない。

だが正しさだけでは、人は動かない。

そのためにまず相手を理解すること、
理解できる領域を広げる為に、自分のことを知る事を始めなければいけないと思います。

自分の値打ちの気づき方

そのためには、結局やれることを愚直にやっていくことが一番早い。

なぜなら
続けられていることがあなたの値打ちであり、その評価が世の中のあなたに対する評価の基準だからだ。

あなたは何を続けてきた人だろうか。

それが自分で分かったとして、その続けてきたことに対して周りからの評価が気に入らないなら
それは自分という人間が基準を理解していないからではないだろうか。

でも本当に値打ちに気付いている人は、
自分の行動の何一つとして誰に何を言われても恥じる気持ちや妬みなどはなくなるものだと思います。
#なぜなら妬みや嫉妬や恥は本来の自分よりも低く扱われているなどの気持ちや過信から起きるからだ

是非、自分の値打ちを知り、自分の行動に恥じない生き方や選択をしていきましょう♪

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる