MENU

【馬鹿だったあの頃の自分自身へメッセージを送るなら】

これは【SEKARABO】に2021年2月2日に投稿された記事です。

(2020.4.4日、更新分記事)
僕は、今年で30歳になりました。
沢山の人がメッセージをくれたり、電話をくれたり、祝ってくれたことに感謝します。

人生は難しい、でも同時に面白い。

10代の頃、まさか30歳まで自分なんかが生きているなんて思わなかった。
予定では、僕は30歳にはすでにもう土の中だった。

あの頃は、人生に楽しいことなんて、これから先どれだけ生きても「ない」と本気で思っていたのに。
そんな小さい頃の記憶が幸せな「今」になって、より鮮明に思い出され涙が出た誕生日。

あの時には考えられなかった嘘のような現実を、僕はこうして生きている。
全てが、本当に奇跡だと思う。

あの時に、人生を諦めてしまわなくて良かった。

夢がある事、そして仲間の存在、嫁や娘に出会えたこと。
そして、幾度とした挫折や数え切れない失敗の数々に感謝する。

今を生きる若い世代と、あの頃の自分自身へメッセージを送るなら今の僕に何が言えるだろう。
きっと大したことは言えないかもしれないし、伝えられないかもしれない。

でも・・・・

このブログは、竹内力也自身が立ち向かっている「希望格差問題」へのアプローチとして、実際に何を行っているのか
その「企画・考え方・一次情報」をアウトプットしているオンラインサロン【SEKALABO】に投稿された過去記事を中心に更新しています。

目次

本気で言葉にするなら

今が
どれだけ全てを許せなくて、自分を信じられらなくても
許すことの出来るチャンスは必ず来る。

人生に抗う手段の一つとして、
犯罪に手を染めたり、自殺を考えたり、誰かを傷つけてしまう事もあるかもしれない。

でも、これから先の人生の中で、あなたを必要として、大切にしてくれる人に必ずあなたは出会う。

そして、あなたはやり直すことが出来る。

生きていれば、償える。
生きていれば、謝ることができる。
生きていれば、その苦しかった想いを、今を苦しんでいる人の代わりに言葉にしてあげることだって出来る。
理解してあげることにだって時間が使える。

どうか、今の自分を「全て」だなんて思わないで欲しい。

苦しいことも、上手くいかない日々も、人に言えない秘密も
打ち明けられるような人に、出会える日があなたにも必ず来る。

だから今はまだ信じられなくても、どうか生きて欲しいと思う。

・・・と伝えたい。



みんなありがとうございます。
30歳も精一杯生きます。

挑戦こそ最高の成功体験
カミングアップ

最後に

このサイトにアップロードされる記事は、希望格差に立ち向かう竹内力也が、その活動と考えを記録しているオンラインサロン【SEKALABO】にアップロードされているモノをアップロードしてます。

現在進行系の活動をリアルタイムに見たい場合は、是非オンラインサロン【SEKALABO】を覗いてみてください。

2021〜2023年以内に、これから予定している活動(少しだけ公開)

リンクを飛んで頂くと、今後の活動で目指していることを少し公開しています。
興味ある方は、一度覗いてみてください。
※この全ての進行状況は、随時オンラインサロン【SEKALABO】内にて、公開しているので、是非興味ある方、そして関わっていただける方は、そちらからご参加ください。

参加は、コチラからよろしくお願いします
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる