MENU

0歳から100歳までの人の夢と人生を詰め込んだ書籍『#101人の人生と101色の夢』が全国に出版されました!

0歳から100歳までの人の夢と人生を詰め込んだ書籍『#101人の人生と101色の夢』が2021年6月16日に全国の書店で発売されました。

この書籍『#101人の人生と101色の夢』は、コロナ感染症の中で2020年11月に行った個展「0歳から100歳までの夢展」を素に、その時の作品+新しい作品や要素を新たに入れて制作された0歳から100歳までの101名の人の人生観や夢を1冊の本にまとめたモノです。
2021年6月16日合同フォレスト出版から全国の書店さんへ出版することが出来ました。


この書籍は全ページどこを開いても、被写体の方々のあたたかな笑顔と生命力に触れることが出来る作品として、プレゼント用にも選ばれています。

今回のこの書籍の出版費用100万円をクラウドファンディングで募ったところ募集金額を大幅に超える176100円が支援で集まり、達成率100%を超える176%でプロジェクトを達成することが出来て、こうして無事に出版することが叶いました。その時のコメントも皆さん本当に暖かくて、本当にこのプロジェクトが多くの人に楽しみにしていただけいる事に胸がいっぱいになるほど励まされました。今でも残っていますので、リンクから飛んで支援者の欄をクリックして読んでみてください。どれだけ僕らがこれを読み励まされたかがわかるはずです。

※クラウドファンディングとは、インターネット上で自分の夢や活動をプロジェクト化し、活動資金の支援者を募る新しい資金調達の仕組みです。

目次

Amazonで購入してくれた人たちのレビューにも嬉しい声が多数

クラウドファンディングで話題になっていたので購入しました。個展にも足を運びました。
どの人も素敵な歳の取り方をしていて、本当に輝いていると感じました!
私は20代なのですが、こんな30代、40代になりたい!そしてその先も長生きしたいと純粋に思える1冊でした。

自分は20代辺りの写真のページで自分も頑張るかと活力をもらい
40代くらいからこんな大人になっていきたいと思いながら読んでました!
すごい人の話でなく、普通の誰かの言葉だからより響きます。

1人の人間の一生をそれぞれの年齢でワンシーンずつ切り取った感じで、見終わって何とも言えない気持ちになった。
感動という一言じゃ言い表せないけど、買って本当に良かったと思う。

101人のそれぞれの夢が描かれており、書籍としてはその人の人生の一瞬を写しただけではあるが、その一つ一つに生き様を感じることができた。そのため1枚の写真からその人の人生までも想起させる素晴らしい一冊。

これ以外にもこの本を見たことで、「諦めた夢にもう一度挑戦します」という声を頂いたり、80歳を過ぎたおばあちゃんが、iPhoneデビュ-してみたよ!って画像を写メで送ってくれたり、ビデオ通話をしてくれたり、「勇気もらえましたー」「元気でたよ」「ありがとう」そんな風に言っていただけました。そんなの僕の方が、何回言っても皆に言い足りないのに。

そんな事思いながら、本当に出版することが出来たことを嬉しく思います。
一人でも多くの人の心に届いてほしい1冊になりますので、もしAmazonが売り切れだった場合はお手数ですがこちらから注文をお願いします。送料かかってしまうけどご了承ください。

出版までのストーリー

もともとこの書籍は、2020年11月28日から2日間の間に開催した個展『0歳から100歳までの夢』の内容を素に書籍にしたモノですが、この個展を開催することも出版も楽な道ではありませんでした。
2019年12月にこの個展のプロジェクトのアイデアを思いつき真っ先にSNSや知り合いからカメラマンの紹介をもらうなどして、メンバーを集めてみるとあっという間に20名を超える人数が集まってくれました。
その事がまずは嬉しくて、みんなで意見を出し合い、必ず何があってもやりきろう!と燃えることの出来るいいチームで仲間たちでしたが、コロナが直撃したことをきっかけに、撮影の予約キャンセルラッシュが続きました。

あんなに盛り上がっていた20名以上の撮影メンバーも潮が引いた様に、一人、また一人と連絡がつかなくなって一気に離れていきました。

そんな中でも希望を信じてくれた4名のカメラマンだけがプロジェクトに残ってくれました。

開催の日を見直す事、もしくはいっそのこと中止にするかを残ったメンバーと話し合ったり悩んだりしたこともありましたが、今回の撮影で聞かせていただいた沢山の人の夢や生き様を改めて見直し、何がなんでもこの個展はコロナに負けずに【今】開催することに意味があると思い、残ったカメラマンメンバーを含め一同、開催を堅く誓い行動してきました。

そして、撮影をさせてくれた被写体の方に電話で延期でも開催したいと伝えるために電話をかけ始めると、僕らがその想いを相手に伝えるよりも被写体をしてくださった向こうの方がたから「ぜひ諦めないでほしい」「開催してください」「撮影足りないのは後何歳なの?探すの手伝うよ」と言ってくださる方ばかりだったことに、胸が熱くなったあの日を僕はずっと忘れることはないと思います。そして皆さんに力をお借りしたり、ご協力していただき、無事に0歳から100歳までの方々の写真が揃い、無事に個展を開催することが叶いました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d74941-1-846181-1.jpg

個展開催日は、まだコロナ第2波の最中なのにそんなこと関係なく長蛇の列が出来ていました。次々に人が押し寄せる会場。県外からも沢山の方が遊びに来てくれた。差し入れも沢山いただき楽屋は甘い匂いですぐにパンパンになった。
僕らみんな肩を抱き喜びあった。
噂を聞きつけ2日目、そこには新聞社の方や芸能関係の方も遊びに来てくれていた。
会場の様子は記事を御覧ください。

そうして、多くの来場してくれた人がこの個展の作品を本にしてくれないか?と言ってきた。
「こんなにいい個展ならコロナで仕事を失い落ち込んでいる姉も連れてきたかった。せめてそれが無理なら本をプレゼントしてあげたい」そんな事を言ってくれた人もいた。
「元気がないままの友達にプレゼントしたい」
「友達の誕生日にプレゼントしたい」そんなこと言ってくれる小さな男の子もいた。
そして、僕らは動き出し無事に合同フォレスト出版から初の書籍を出版発売することが出来た。

その後、この本を引き下げて2021年の現在は「来てほしい」と言われた街に個展と共に会いに行く活動を行っている。
スケジュールは、以下のリンクから確認してみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 155441129_2906654339658392_4885683610797204443_o-1024x768.jpg

今では関わるカメラマン(夢グラファー)も50名を超えました

2020年の1回目の個展を成功させてから2021年にこうして『#101人の人生と101色の夢』の本を出版することが出来て、この活動を応援してくれる仲間を今では50名を超える人数にまで増えました。
そして、初めて行ったクラウドファンディングから7ヶ月で4度挑戦させていただきその全てで、達成率100%超えを記録。

この多くの人の夢や想いが詰まった書籍や個展『#101人の人生と101色の夢】を見てくださった方の今日が、昨日よりもちょびっとだけ優しいものに変わることを願い、沢山の人に支えられながら沢山の街をこの愛する書籍と仲間と共に現在回っています。もしもどこかでこの書籍に会うことがありましたらぜひ、お手にとって見てください。読んでみてください。

関わってくださった皆さんに心から感謝します。

あまりの感動に、メンバーも涙!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 51ngAFAurAS._SY352_BO1204203200_-1.jpg
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる